仰木の婆さん日記

仰木の婆さんです。 我が家のご近所に幸福の科学学園ができるとのことで幸福の科学さんを観察しています。

建設問題

大津市の内規やて

北大津まちづくりネットワークHPを見てたらこんなんありました。

「 しかし、何より見逃せないのは、建築審査会直後から住民が情報公開請求での文書開示や、仰木の里学区自治連合会・仰木の里まちづくり連合会と大津市との公式な面談において、再三に渡って内規についての問い掛けがなされたにも関わらず、「内規は頭の中にある」として文書が存在しない旨の説明を繰り返しておきながら、一方で、裁判所に対しては5年も前から内規を定めて運用していたとして内規が書かれた文書を提出し、被告反論文書の中で主張を行った点です。

 

はい?内規は頭の中にあるて??

何やそれ?ギャグですか?
一方で、裁判所に対しては…内規が書かれた文書を提出し?? 

うわ! ずるっっっ!
婆さんは難しい話はできませんのでここを見ておくれやす。
詳しく解説されてます。 

http://kitaootsu-net.sakura.ne.jp/stop_plan_menu/articles_petition_analysis_003.html

 《最後の難しくないまとめだけ転載》

「内規」は住民の情報公開で示されず、

裁判の証拠として住民に示されたことに戸惑いを隠せません。

開発行為となる範囲を定めた「内規」が裁判の証拠資料として、初めて原告を含む住民に明文化文書として大津市から示されたことに対して、学園建設の進む大津市仰木の里の住民からは驚きの声が挙がっています。
「内規」に関する疑問が湧き上がったのは、仰木の里の8300名にも及ぶ住民が審査請求人として起こした建築審査会の議事録を分析し、開発行為該当性の判断基準について、当時、公になっていた条文からはその妥当性の説明が付かなかったことが発端でした
その後、仰木の里学区自治連合会の役員を含む住民と大津市との間で行われた正式面談において何度も内規に関する質問が繰り返され、情報公開制度に基づく資料請求で
内規に関わる明文化文書が不存在であるという回答が行われていましたが、その矢先に今回の裁判における被告の主張補充資料の形で初めて「内規」が条文として定められていたことを示しただけでなく、他の自治体にアンケートまでとって、内規運用の妥当性を主張するに至ったのです。

もはや、公式面談での大津市の発言や情報公開で示された文書の信憑性が疑われる事態と言わざるを得ません。
容易には住民の不信感は拭えないでしょう。

裁判の動向と共に、一連の大津市の対応について、どのように住民に対して説明・対応がなされるのか、経過を見守りたいと思います。

《転載以上》

 

不審やわ~うさんくさいわ~

裁判用に慌てて作ったんと違いますか?
どこの部署やろか。(知ってるけど)
こないだの竣工式直前の検査済証交付となんか関係ある部署やろか
(知らんけど)

他の自治体にアンケートまでとったって…。
全国の自治体の笑いもんやで、ほんま。

建築確認機関 大津市の行政指導を無視

工事完了済証を発行して建築工事完了に?

 

仰木の里まちづくり連合協議会HPより

http://ooginosato.org/

1月24日
大津市が都市計画法違反の疑いを指摘した文書について

2012年12月17日、大津市は幸福の科学学園 関西校の校舎棟・寄宿舎棟の建築計画に対し、
建築確認機関に対して
   ・「都市計画法違反の疑いがある」
   ・「建築物の完了検査済証を交付することは適切でない」

とする文書(文書番号:大都開第282号)が発行されていたことが明らかになりました。
 都市計画法違反の疑いの指摘文書(2012/12/17大津市発行) 

ootsu_document_201212170001






12月25日に幸福の科学学園関西校は竣工感謝式」を開催しました。

「竣工式」とは「建築物の完了検査済証」の交付がないと開催できないものだそうです。(交付されなかった時のために「竣工」と「式」の間に「感謝」などと入れたのかもしれませんがそんな誤魔化ししても実態が「竣工式」ですので同じ事です。)

この12月25日という日付は私学審議会での認可を睨み、また大川氏の絶対命令による開校スケジュールのためおそらく遵守しなければならなかったであろうぎりぎりの日付だと思われます。

この建設については現在も法廷で係争中であり(被告:滋賀県建築住宅センター)大津市が「建築物の完了検査済証を交付することは適切でない」とする文書まで発行していたにも関わらず滋賀県建築住宅センターによって「検査済み証」が交付されてしまったということです。

詳しくはこちらを御覧下さい。
http://ooginosato.org/doc/machiren_dayori/machiren_dayori_20130124.pdf

 

それとなんなんですかね?1月入ってもタイルめくり上げて工事してはったけど。新築校舎に雨水が入ってるのほんまだったんですかねえ?早く土のうが外せるといいですね。おほほ。

最新コメント
記事検索