仰木の婆さん日記

仰木の婆さんです。 我が家のご近所に幸福の科学学園ができるとのことで幸福の科学さんを観察しています。

カルト問題

教団に人生を狂わされた元信者さんたちの心の叫び

やや日刊カルト新聞コメント欄より 気になったので転載します。
転載にあたり 改行や文字の大きさは勝手ながら一部変更させて頂きました。
______

匿名 さんは書きました...

末端の、何も知らない、知らされていない信者さん達を救わなくてはなりません。

 「あなた方は、”私の方がお役に立ちますから”と、多くの霊人たちを、かき分けて生まれてきたのです」

「あなた方は、今世、菩薩になるために生まれてきたのです」

「主が下生している今でなければ、光の強い今でなければ、菩薩になることは非常に難しいのです」

・・・等々、
あの手この手で煽(あお)られて

私は財産のすべてを、教団に差し出しました。

 経典菩薩、布教菩薩、植福菩薩など、
教団が提示する”菩薩”になることが、
今世の使命であると、洗脳され続けた20余年でした。

だまされた自分も悪いのですが、悪徳霊感商法

の張本人である大川隆法よ、

そして大川の片棒をかつぐ、職員たちよ、ニセ仏陀であることを知ってて、

なぜ、かくまで悪業を続けるのか!

勇気ある、善良な職員の方よ、

これ以上、信者をだまさないでほしい。

この美しい国を汚さないでほしい。

2013513 18:14
_________

 
342 名前:米国講演希望 HdMIE104MY [sage] 投稿日:2012/10/21()

>>329

>アンチになっても、教団が嫌になって動きが気になるじゃん

気になっている時点で負けだと思うんだよな。教団の動きにとらわれるわけだから

もう綺麗さっぱり、忘れて、思い出さなくなりたいね

 

おっしゃる通り。でも悟らざる衆生の一人である私には無理ですな。

大川に理想と夢を踏みにじられた。

この恨みは、そう簡単に消えません。魂を狂わされたのですから。

HSの衰退と大川が死ぬことが、私の楽しみのひとつです。

年齢的に、私より大川の方が早死にするはずなので。
__________ 

 349 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2012/10/21() 00:22:23.96

>>342

魂を狂わされた。 か・・・・ 人生を狂わされた。

 

純粋な時に、教えを学び、何においても1番に幸福の科学を置いていた。 友達と遊ぶよりも、仕事の同僚と飲みに行くよりも、自分のためにお金を使うことよりも 
全て犠牲にして、幸福の科学の教えを学んでた

平均年収なんだから、普通に生活できるわけがない。 付き合いが悪くなれば、友達から色々と言われ、カミングアウトすれば、みんな去って行った

それでも幸福の科学は正しいと思っていたから、ぬれねずみになって、チケットを郵送したり、講演会を拝聴しにいったり 

青年部の活動に参加しても、助け合いの精神なんてなく、
同性だと競争になるしね。
教団内でも心休まる事もない。

それでも切磋琢磨で、お互いに魂を磨いているんだからと納得し、努力してきた。

だけど、どんなに信仰しても、幸せになることなんてなかった。 

祈願は効かず、祈りも聞かれない。祈願の効果もなく家族は死に

繁栄どころか、貧乏になり、何もかも失ってしまったよ。 

挫折の中、辛い時期に来るのは、
推進メールで 経済的にきついのに書籍を買えだの
行事に参加しろだの。
無理にチケット押し付けるだのそんなメールばかり
1日に何通も転送され

イイシラセメールを見るたびに 
自我力波動の内容で げっそりエネルギーをとられ


 
離婚騒動、元妻の悪口三昧 公開霊言で、がっかりすることばかりだ

2013512 21:33

_________
 
 

匿名 さんは書きました...

>12 :さとる:2013/05/11() 16:10:43.41 ID:zl/+sWVR

 

あ~俺の人生は何だったんだ。

俺の家族は幸せか?◯子、ゆ◯くん、ま◯ちゃんごめんね。

たかしに騙されたお父さんが馬鹿だったよ。

お父さんお母さんごめんなさい折角大学までだしてもらったのに

誰一人、幸せにしていない。幸福の科学に入って皆、不幸になりました。

 

2013512 21:16

_____________


 
匿名 さんは書きました...

>2ch、幸福の科学にすべてを投げ打った元信者が感じる、狂わされた人生(魂)

20121021 004552

テーマ:他サイト情報

 

幸福の科学を信じたことを振り返った方は皆異口同音に

魂が狂わされた、人生が狂わされた、と言う表現を使います。

 

私も同感です。心の成長が狂わされました。

 

二世の場合は自身がそれほど入れ込んでなくても多分に影響をうけます。

家族で泊りがけで出かけたところはほぼ全て講演会が含まれていました。

 一人暮らしを始めたときに両親が私の所を尋ねたのは正心館に行くついででした。

何に関しても教団の行事が最優先、家族の行事はついで。

 

自分では最近まで気づいていなかったのですが、教団に両親を取られたという寂しさが募ります。

 

また、自身の自我形成が不完全であると感じる不安感というか、自分の意志で行動している気がしない、

自分という器に入った他人の価値観で動く人形じゃないのかという強迫概念がどうにもなりません。

何と表現したらいいのかわからないのですが。
_______ 

なんでも鵜呑みの信者さんたち

2011年6月18日教育事業成功大会における林副理事長の「住民は最大最強の敵、反対運動をしているのは左翼」の発言について、当時住民として非常に驚いたことを覚えています。

※幸福の科学学園幹部が敵対宣言!「反対派住民は最強最大の敵」

http://dailycult.blogspot.jp/2011/06/blog-post_25.html

※【映像流出!】幸福の科学学園をめぐる教団の内情が明らかに

http://dailycult.blogspot.jp/2013/02/blog-post_835.html


 幸福の科学学園の幹部職員はこんな大嘘や対住民敵対宣言を、しかも信者さんの前でついているのかと。しかし、よもや信者さんたちの多くがそれをそのまま鵜呑みにしているとは考えてもみませんでしたし つい最近まで知りませんでした。 

それを実感したのがUMAさんの「幸福の観測所」記事「仰木の里レポート」でした。

http://antikkuma.hatenablog.com/archive/2013/1

予告と番外編含め5回に渡るその記事を読んで「住民は無神論者でも左翼でもなかった」ということが丁寧に述べられており「なぜそのことを取り上げ特に強調されるのかな??」と不思議に感じました。
 そうです。幸福の科学教団の中にいる方々は 普通の人の感覚と違っていたのです。

そもそもいったい「仰木の里でないよそからやってきた」「一部の」「左翼」という怪しげな組織の力で3万人もの学園建設反対署名が集まるものなのか、また 建築審査会の審査請求に地元住民8300人あまりが署名・押印するものなのか、不気味で実態のよくわからない「一部の」「左翼」組織とやらの力がそんなに強大であるものなのか 常識で考えればすぐ疑問もわきますし検討もつきますが、純粋で信仰心厚い信者さんたちは 職員の言葉をそのまま鵜呑みにしていたようです。 

しかしながら、それでも、たかが一学園職員が「口が滑った」とか「話を盛った」などと大津市に飛んで言い訳に行った「林副理事長発言」などに 信者さんたちがみな付き従うなんて、それも普通に考えるとおかしな話です。 

すると案の定…
「反対するのは左翼」と教組の大川さん自らが法話の中で発言していたとのこと。


カルト新聞コメント欄にこのような書き込みがありました。

●●●さんのコメント...

大川法総裁法話「信仰と平和について」ならびに質疑応答より
平成23年8月21日 幸福の科学・静岡西支部精舎
幸福の科学関西校の設立に対する一部左翼の反対運動について
・幸福の科学関西校の設立に対する一部左翼の反対運動は、信教の自由や学校教育の自由に反する。
・滋賀県の大津市で関西校の設立手続きを進めているが、宗教学校をつくると左翼の地盤を崩される恐れがあるので、県外から左翼運動家が来て、左翼マスコミとくっついて反対運動をしている。
・私たちは那須本校でやってみて、日本の教育改革の成功例になれる自信を持っている。信仰を持っている人が公立学校しか行くところがなければ、国民にとって信教の自由も学校教育の自由も保障されていないと言わざるを得ない。
これが教祖であり学園創始者たる大川の考えです。
201192514:18

この書き込みの元情報はおそらくこちらの信者さんからのメールです。

※【アーカイブ】正心館・精舎・支部メール記録集【コピペ】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/10817/1304916597/
 

605 名前:やれやれ[] 投稿日:2011/08/21() 23:39:18

平成23年8月21日信者さんからいただいたメール

> ━━━━━━━━━━━━━━━━

> 大川隆法総裁法話『信仰と平和について』

> ポイント速報  

> 2011年8月21日 幸福の科学・静岡西支部精舎にて〈以下省略〉

 

また どうやら信者さんたちは 教義だけでなく 大川さんという教組の 発言を含めた全てを 0.1%も疑うことなく信じているらしいと知った時 今までの出来事と教団の住民敵視の体制の一部始終が納得がいきました。
普通の感覚で考えたらいけなかったのですね

教組の大川さんは 学園創立者でもあり 学園生徒から「主よ」「主よ」と崇められ

「必ずや 主の理想の未来を実現するぞ!!」

「主のために世界ユートピアのために成功していかなければならない」

と 生徒が誓いの言葉を高らかに宣言している場面がよくあるようです。

 

この生徒達も 他の多くの信者さんたちと同じく 絶対的存在の「主」である大川氏の言葉を 自分の頭で考えて判断せずそのまま鵜呑みにする人間に育っていくのでしょうか 

アルゴラブさんの「ダブル・バインド」も是非お読み下さい。
アイマイミーさんのアンチHS http://antikkhs.blog119.fc2.com/
なぜ地域に「のぼり」が立ち並ぶのか? 
理由は、幸福の科学学園職員・宗教法人幹部・清水建設らの行為が引き金に。
北まちネットHP http://kitaootsu-net.sakura.ne.jp/stop_plan_menu/kkg_question.html

 

アルゴラブさん投稿「ダブル・バインド(二重呪縛)」

みなさま 大変ご無沙汰を致しました。

 

 アイマイミーさんのブログアンチHSにてアルゴラブさんの論文(したらば資料集Part2投稿)が紹介されています。

「ダブル・バインド」理論を元に幸福の科学の問題点が浮き彫りにされアイマイミーさんの解説でわかりやすく読むことができます。

元信者さんや信者さんを抱えるご家族ご友人のみならず 学園を抱えることになった仰木の里の住民にとっても知っておくと良い内容です。

是非アクセスしてみて下さい。

 

自己呪縛とカルトの呪縛を 解き放て!!   by アルゴラブ

―洗脳されし信者を、幸福の科学の桎梏から解放する―

http://antikkhs.blog119.fc2.com/

林副理事長問題発言動画!

したらばより
172 名前:アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY[] 投稿日:2013/02/04(月) 23:29:31

【拡散希望】
日刊カルト新聞より
幸福の科学学園の林副理事長の問題発言映像が公開されています。
これがこのカルト宗教学校の真相です。
ありのままの実態を直視して下さい。
http://dailycult.blogspot.jp/2013/02/blog-post_835.html#more

婆さんの気になったこと
林副理事長、ヒドイ。問題発言てんこ盛り。
また生徒が「伝道」「伝道」と、「私たちの使命は伝道です!」    
「10億20億をお布施できる大大大大黒天になる」などと連呼しています。
職員も学園について「伝道をやっている」とか
 関西校は経営者、大黒天を育てる学校でもあるとか。
植福や「信仰心を結集」(要するにお布施要求でしょ)の言葉も。
学園パンフをいろいろ見せて頂きましたが 植福募集が異様に多いです。
それとやはり特定の政治団体、幸福実現党を生徒に宣伝させているのはどうかと思います。
この学校は信者以外の一般の生徒が入ってやっていけるとは思えないですね。
伝道者・植福者養成学校としか思えません。

みなさんはどう思われましたか?




どうなる、学園生徒の人権

やや日刊カルト新聞主筆藤倉氏が重要なコメントをされていますので転載させて頂きます。

 

20121210日月曜日

幸福の科学学園、新潮社社長と本紙主筆を“1億円”で提訴と発表

http://dailycult.blogspot.jp/2012/12/1.html

どうなる、学園生徒の人権

 藤倉主筆のコメントより


一方で、いま学園に通っている子供たちの人権問題は、裁判の行方とは関係なく、すぐに解決すべきものです。

記事(週刊新潮2012年11月22日号)で示した“独房懲罰”は、かなり直接的に生徒たちの人権を侵害するものだと思います。また、同じく記事で示した学園の宗教教育・政治教育は、子供たちが客観的事実に根ざした教養や判断力を養う上で障害になりかねないものです。健全な社会人として育っていくことを阻害しかねない教育は、その全てが人権侵害であり未成年信者に対する虐待であると考えます。

 

教団側は、生徒の「謹慎」については保護者の同意を得ているとか、記事によって学園の生徒たちが怒っているとか傷ついているなどとするアナウンスをしています。しかし教義によって反社会的な行為すらも肯定するカルト宗教においては一般的に、信者たちがまるで“自ら喜んで人権を侵害されている”かのように見える場面は珍しくありません。重要なのは、信者たちが学園のやり方を支持しているかどうかではなく、客観的に見て人権が侵害されていると言える具体的な事実があるかないかです。

 

その点については、“ある”ということを幸福の科学側がすでに事実上、認めてしまっています。具体的事実は認めつつも、それを問題だとは認めない点には、反社会的行動をも宗教的理念によって正当化するというカルト集団の特徴があらわれています。

信者が幸福の科学を「宗教的に正しい」と信じているのは構いませんが、こうした学園が「社会的に正しい」かどうかは別問題です。

自らの人権侵害に無自覚な人間は、自分や自分が所属する組織が他人の人権を侵害することについても疑問を持たないでしょう。学園の問題が放置されるということは、いま通っている生徒たちの将来が心配になることに加え、彼らが教団と無関係の他者の人権を侵害する “カルト的エリート”として加害者側に回ってしまう危険をも意味します。

このような学園に子供を通わせることが、子供にとって本当にいいことなのかどうか。保護者のみなさんには、もういちどしっかり考え欲しいと思います。

 

また行政は、今回の裁判の行方にかかわらず早急に幸福の科学学園の実態を調査し、学園の生徒たちの人権にかかわる問題について、すみやかに是正を求めて欲しいと思います。適正な調査や是正ができないのであれば学校法人の解散も視野に入れるべきです。

裁判の過程ではおそらく、『週刊新潮』の記事に盛り込むことができなかった様々な事実や、教団内部資料などを、記事の根拠や傍証として提出していくことになるのではないかと思います。特に教団内部資料は、裁判の結果を待つまでもなく動かしようのない事実の証拠になります。

学校法人「幸福の科学学園」は、2013年に滋賀県大津市仰木の里学区内に「関西校」(中学・高校)を、2015年には千葉県長生村に「幸福の科学大学」を開設する計画を進めています。このような学校法人が運営する学校や大学が他地域で増殖していくことは、地元のみならず我が国にとって大きな問題であると思います。記事で示された問題点や今後の裁判で明らかにされる情報は、那須校を認可している栃木県だけではなく、文部科学省、滋賀県、大津市、仰木の里、千葉県、長生村の各関係者にも参考にしていただければと思います。 

最新コメント
記事検索